HOME > 教育研究支援活動 > 7.公開学術講演会
 
招待講師と演題(平成10年度以降)
  • 平成10年度
    • 第13回公開学術講演会
      −細胞増殖・分化と遺伝病−
      放射線感受性遺伝病ナイミーヘン染色体不安定症候群遺伝子のポジショナルクローニングと機能
      広島大学原爆放射能医学研究所   小松 賢志
      動物細胞の分裂メカニズム−収縮板(Contractile Disk)−
      広島大学理学部   細谷 浩史
      リンパ球の増殖と細胞死のバランス調節機構
      広島大医学部   菅野 雅元
      PCNA:DNA上の多機能蛋白質リング
      奈良先端科学技術大学院大学   釣本 敏樹
      ブルーム症候群・ワーナー症候群の原因遺伝子産物RecQファミリーヘリケースの機能
      東北大学薬学部   榎本 武美
      参加者   70名
      開催日   12月11日
      開催場所   医学部広仁会館大会議室
  • 平成11年度
    • 第14回公開学術講演会
      ―遺伝子研究のフロンテイア―
      細胞逆転写酵素とmulticopy singl-strand DNA(msDNA)の機能
      広島大学生物生産学部   島本 整
      光合成細菌のDMSO呼吸系遺伝子の転写制御因子の解析
      広島大学理学部   山本 勇
      アフリカツメガエル変態開始の制御の仕組み
      広島大総合科学部   河原 明
      哺乳類細胞核の初期化と個体発生―クローン牛の誕生と将来―
      近畿大学農学部   角田 幸雄
      scidマウス原因遺伝子DNA-PKcs遺伝子の構造と機能
      放射線医学総合研究所   安倍 真澄
      嗅覚受容体遺伝子の発現抑制と軸索投射
      東京大学大学院理学研究科   坂野 仁
      参加者   90名
      開催日   11月26日
      開催場所   広島大学付属中央図書館ライブラリーホール
  • 平成12年度
    • 第15回公開学術講演会
      ―ゲノム情報と生命科学―
      インターフェロン系からみた生体防御機構
      東京大学大学院医学系研究科 谷口 維紹
      線虫における嗅覚と化学走性行動の分子メカニズム
      東京大学遺伝子実験施設   飯野 雄一
      Klotho遺伝子研究の新展開
      京都大学大学院医学研究科   鍋島 陽一
      細胞のリサイクルシステム―オートファジーによる自己分解機構
      基礎生物学研究所   大隅 良典
      参加者   120名
      開催日   10月20日
      開催場所   理学部 E002教室
  • 平成13年度
    • 第16回公開学術講演会
      ―免疫・癌・花粉・脳―
      ニワトリ胚中心の免疫生物学〜免疫記憶機構と特異性昂進機構
      広島大学生物生産学部   古澤  修一
      癌関連遺伝子制御システムの生理機構
      広島大学医学部   五十嵐 和彦
      花粉発達に関わる遺伝子の分子遺伝学的解析
        〜アブラナ属花粉アレルゲンとイネの耐冷性〜
      東北大学大学院農学研究科   鳥山 欽哉
      ゼブラフィッシュを使ってヒトの脳を解きほぐす
        〜脊椎動物脳の発生機構の遺伝学的解析〜
      理化学研究所・東京大学   岡本 仁
      参加者   100名
      開催日   10月19日
      開催場所   生物生産学部 C-206号教室
  • 平成14年度
    • 第17回公開学術講演会
      ―植物と動物の遺伝子科学―
      イネの形態改変と収量増産
      名古屋大学生物分子応答研究センター   松岡 信
      プラナリアの再生と進化生物学
      理研発生再生総合科学センター   阿形 清和
      メダカの性染色体と性決定遺伝子
      新潟大学理学部   酒泉  満
      非ウイルス性生体遺伝子導入法の動物生産への応用
      名古屋大学大学院生命農学研究科 村松 達夫
      参加者   110名
      開催日   10月18日
      開催場所   生物生産学部 C-206号教室
  • 平成15年度
    • 第18回公開学術講演会
      ―遺伝子科学のフロンテイア―
      クロマチン構造の形成とエピジェネテイクス
      理研・発生再生科学総合研究センター   中山 潤一
      神経細胞の入力受容装置・樹状突起のパターン形成
      京都大学・ウイルス研究所   上村  匡
      植物ゲノミクスと応用研究
      かずさDNA研究所   柴田 大輔
      ゲノムの彼方へ〜発生生物学から進化生物学へ〜
      徳島大学・工学部   野地 澄晴
      参加者   162名
      開催日   10月17日
      開催場所   自然科学研究支援開発センター(旧アイソトープ総合センター)
  • 平成16年度
    • 第19回公開学術講演会
      ―遺伝子・細胞・個体の接点―
      線虫C.elegansの神経回路を基盤とした感覚受容、記憶・学習の分子機構
      名古屋大学大学院理学研究科   森  郁恵
      神経細胞死の分子遺伝学的制御機構
      東京大学大学院薬学研究科   三浦 正幸
      寿命:代謝関連転写制御因子の多重修復とその生物学的意義
      筑波大学・先端学際領域研究センター   深水 昭吉
      形質転換ラットの作製:先端生殖工学技術の駆使
      自然科学研究機構・生理学研究所   平林 真澄
      参加者   140名
      開催日   10月22日
      開催場所   理学部 E002-AV教室

    • 第20回公開学術講演会
      ―技術革新と企業戦略―
      下面発酵酵母におけるDNAマイクロアレイ研究とその展開
      キリンビール株式会社 基盤技術研究所   善本 裕之
      プレーヤーであるために!!    〜PCB無害化処理プラントの受注まで〜
      日本曹達株式会社 機能化学品事業部   伊藤 哲也
      参加者   61名
      開催日   12月3日
      開催場所   自然科学研究支援開発センター(旧アイソトープ総合センター)
▲top
history BACK
  HOME > 教育研究支援活動 > 7.公開学術講演会