HOME > 受託解析サービス

マイクロチップ電気泳動(DNA/RNA)サービス
研究支援事業の一環として、MultiNA (マルチナ・島津製作所)による電気泳動サービスを学内限定で受託しています。
相互利用(依頼者自身で機器を操作) と、依頼測定(専属担当者が操作) の2通りからお選びいただけます。

< サービス内容 >
マイクロチップ電気泳動装置MultiNAは、DNA及びRNAの電気泳動において、アガロースやアクリルアミドの代わりにマイクロチップを使用する装置です。
  • MultiNAの特徴 〜アガロースゲル電気泳動との比較〜
  • 高感度:エチジウムブロマイド染色に比べて約10倍以上
        必要サンプル量:DNA 2〜10 ul(premix)or 5〜30 ul(on chip), RNA 3〜15 ul
        検出限界:DNA 0.2 ng/ul, RNA 5 ng/ul
        定量範囲:DNA0.5〜50 ng/ul, RNA 25〜500 ng/ul
    高精度:数bp程度の差異を識別可能(サンプルの品質によります)。
        ゲルイメージからサイズ・濃度が自動的に計算されます。
    迅速 :1分析あたり最速80秒。100サンプルで約2.5時間。
        96穴プレートをそのままセット可能。手間もかかりません。
  • 利用用途
    ゲノム改変生物の遺伝子導入チェック、ジェノタイピング、メチル化解析、 HMA(ヘテロ2本鎖移動度解析)、
    次世代シーケンサーのサンプルチェック、 食中毒関連遺伝子やアレルゲンの検出etc.

各種試薬キット(DNA-500、DNA-1000、DNA-2500、DNA-12000、RNA)、ラダー等を施設側で用意いたします。
ユーザーの皆様はサンプルを準備するだけで利用できます。

< 相互利用 >
利用者講習を受けることで機器をご自身で操作でき、安価にご利用いただけるサービスです。
初めての方でも扱えるよう、新規利用者講習を随時行います。

測定内容 詳細 利用料金
試薬キット使用 
(DNA-500・1000・2500)
サンプルのみ準備。試薬類は施設から提供   30円/サンプル
試薬キット使用(DNA-12000) サンプルのみ準備。試薬類は施設から提供   50円/サンプル
試薬キット使用(RNA) サンプルのみ準備。試薬類は施設から提供   140円/サンプル
泳動のみ 試薬キット・ラダーは利用者側で購入  20円/サンプル
※初回は操作手順確認等のため立会測定が必須です。初回以外でも適時相談可。
※RNAキット使用時は必ず直前の洗浄が必要です。担当者にご確認ください。

1. 最初に相互利用に必要な登録をお願いいたします。
2. 講習の確認
  • 遺伝子実験部門利用者講習(毎年4月中旬頃開催)
    申し込み方法 →当部門のHPよりご確認ください
  • MultiNA新規利用者講習(随時開催・1時間程度)
    申し込み方法 →MultiNA新規利用者講習申込書
            担当者(山口 内線4630)にご提出ください。
3. 大学連携研究設備ネットワーク(こちらからログイン)より相互利用の予約を行ってください。
  相互利用予約方法の流れ → MultiNA相互利用予約方法
4.【大学連携設備NW】利用予約(予約ID:共xxxxxx)というメールが届きます。
  時間になりましたら、遺伝子実験施設3F合成分析室1にお越しください。
  試薬キットをご利用の際は担当者(山口・3F研究室3)に声をかけて下さい。試薬をお渡しいたします。


< 依頼測定 >
専属の担当者がサンプルをお預かりして分析いたします。

利用料金
使用キット 利用料金
DNA-500・1000・2500   60円/サンプル
DNA-12000   80円/サンプル
RNA   170円/サンプル

1. 最初に依頼測定に必要な登録をお願いいたします。講習の受講は不要です。
2. MultiNA分析依頼書をご記入ください。
  ダウンロード →MultiNA分析依頼書
  分析依頼書はキットごとに必要です。異なるキットで同時に泳動することはできません。
3. 大学連携研究設備ネットワーク(こちらからログイン)より依頼測定予約を行ってください。
  依頼予約方法 →MultiNA依頼測定予約方法
  分析依頼書は大学連携研究設備ネットワーク経由あるいはメールでお送りください。
  
4.【大学連携設備NW】依頼測定の承認(予約ID:依xxxxx)というメールが届きます。
  遺伝子実験部門3F研究室3までサンプルをお持ち込みください。
5. データはメールあるいはクラウド経由でお送りいたします。
  ビューワーソフトは新規利用者講習の際に配布いたします。

その他注意事項
  • 感染性のあるサンプル、放射性物質は解析できません。
  • サンプルの条件、機器との相性によってはデータがでないこともあります。その場合でも料金は発生いたします。
  • データおよび処理したサンプルをお返しするまでに日数をいただくことがあります。余裕をもってご依頼ください。
  • お申込み・料金のお支払いには大学連携研究設備ネットワークシステムをご利用いただきます。
  • お支払いには、ネットワークに登録した運営費交付金、寄附金及び外部資金(科学研究費・受託研究費・共同研究費など)
    が使用できます。申し込み時に指定してください。
  • 科学研究費での支払いは、開始月から12月31日使用分までを対象とします。
    受託研究費・共同研究費・その他補助金については、研究終了月の前々月使用分までを対象とします。
    (例:研究終了月3月の場合、1月使用分まで)
  • その他、センター登録、サービス内容等に関するご質問は担当者にお問い合わせください。
top

BACKhistory BACK
  HOME > 受託解析サービス