HOME > 研修会参加申込
遺伝子操作技術研修会概要研修の概要
平成13年度
テーマ:GFPを利用したバイオイメージング
開催日時:平成13年8月20日(月)午前10時〜8月24日(金)
会場:広島大学遺伝子実験施設
内容:緑色蛍光タンパク質(GFP)を始めとする蛍光タンパク質は、単なる蛍光を放つだけのタンパク質と思っている方が多いのではなかろうか。確かに、蛍光タンパク質はレポーター遺伝子の一つであり、ある遺伝子のプロモーターの制御下に置けば、細胞や個体を固定することなく、生きたままリアルタイムでその遺伝子の発現を観察できる極めて優れものである。しかしそれだけではない。蛍光タンパク質と融合したタンパク質を用いれば、そのタンパク質の個体や細胞内局在や挙動を実に容易に観察できる。また、色の異なる蛍光タンパク質と融合すれば、複数のタンパク質の多重染色が可能である。さらには、蛍光を検出できる各種機器を利用して、発現細胞を分取したり、定量化することも可能である。本研修会では、GFPを用いた各種技術にお詳しい丹羽先生と久留戸先生をお招きし、植物および動物細胞でのGFPを利用した種々のバイオイメージング技術や応用技術を講習していただく。
講師: 丹羽康夫(静岡県立大学大学院生活健康科学研究科)
久留戸涼子(静岡県立大学大学院生活健康科学研究科)
河内千恵(広島大学アイソトープ総合センター)
山下一郎(広島大学遺伝子実験施設)
田中伸和(     〃     )
北村憲司(     〃     )
研修計画表:
日程午前午後
第1日
オリエンテーション
実習内容説明植物用培地作成,種まき
PCRによる遺伝子増幅
第2日
GFP融合タンパク質発現ベクター作成
実体蛍光顕微鏡による観察
第3日
GFP融合タンパク質発現ベクター導入
SDS-PAGE (FluorImagerによる定量解析)
第4日
セルソーターを用いてGFP発現細胞を分取
一過性発現による局在解析
第5日
形質転換植物によるバイオイメージング
総合討論
  (注)研修会の日程は一部変更になることがあります
history BACK▲top
 
平成14年度
テーマ:タンパク質のリン酸化の検出、及びタンパク質間相互作用
開催日時:平成14年9月2日(月)午前10時〜9月6日(金)
会場:広島大学遺伝子実験施設
内容: 1. 酵母 two-hybrid によるタンパク質相互作用の解析
2. 分裂酵母のリン酸化タンパク質のウェスタンブロットによる検出
3. タンパク質のin vitro合成
4. タンパク質間相互作用の観察
講師: 山下一郎(広島大学遺伝子実験施設)
田中伸和(     〃     )
北村憲司(     〃     )
研修計画表:
日程午前午後
第1日
オリエンテーション
実習内容説明酵母 two-hybrid
第2日
酵母細胞の回収・破砕
タンパク質のin vitro合成リン酸化タンパク質の調製
合成タンパク質の精製
第3日
ウェスタンブロット分析ウェスタンブロット分析
第4日
合成タンパク質相互作用合成タンパク質相互作用
第5日
酵母two-hybridのタンパク質相互作用の観察
総合討論
(注)研修会の日程は一部変更になることがあります
▲top
history BACK
 
平成15年度
テーマ:cDNAのクローニングと組織特異的mRNAの検出
開催日時:平成15年8月18日(月)午前10時〜8月22日(金)
会場:広島大学自然科学研究支援開発センター
内容: 1. メダカ受精卵からトータルRNAを単離
2. ダイオキシン受容体cDNAのプライマーの設計
3. RT-PCR、5'-RACE、3'-RACE法によるcDNAのクローニング
4. シークエンシング
5. in situハイブリダイゼーション法による組織特異的mRNAの検出
〜vasa mRNAの生殖細胞における発現〜
〜VEGF受容体mRNAの血管内皮細胞における発現〜
    
講師: 山下一郎(広島大学自然科学研究支援開発センター)
田中伸和(        〃         )
北村憲司(        〃         )
研修計画表:
日程午前午後
第1日
オリエンテーション ・RNAの単離
研修内容説明
第2日
・RT-PCR法 ・cDNAのクローニング
・5'-RACE法 ・シークエンシング
・5'-RACE法
第3日
組織特異的mRNAの検出 (プローブの作製)           
(試料の固定) (ハイブリダイゼーション)
第4日
(抗体反応) (抗体反応)
第5日
(酵素反応〜染色) (酵素反応〜染色)
          総合討論
(注)研修会の日程は一部変更になることがあります
▲top
history BACK
  HOME > 研修会参加申込