HOME > 受託解析サービス

セルソーター受託サービス
研究支援事業の一環として、セルソーターFACSAriaIII(BD)によるセルソーティングサービスを学内限定で受託しています。
相互利用(依頼者自身で機器を操作) と、依頼測定(専属担当者が操作) の2通りからお選びいただけます。

< サービス内容 >
セルソーターは細胞の形態や表面抗原・蛍光タンパク質量などの違いにより、特定細胞集団の割合を解析したり、目的細胞を分取することが可能です。
  • FACSAriaIII 装置詳細
  • 【キュベットフローセル方式】
    【4 Lasers, 11 colors】
    ・488 nm  FITC (530/30), PE (585/42), PE-Texas Red (616/23), PerCP (675/20), PerCP-Cy5.5 (695/40), PE-Cy7 (760/60)
    ・633 nm  APC (660/20), APC-H7 (78/60)
    ・405 nm  BD Horizon V450(450/50), BD Horizon V500(510/50)
    ・375 nm  Hoechst Blue (450/20), Hoechst Red (670LP)
    【サンプル】 血球、動物細胞、植物細胞。以下は要相談:酵母、バクテリア、プランクトン
           単離浮遊液で0.5~25 μmまで。浸透圧150mM NaCl相当(生理食塩水)
           ※感染性のサンプルは持ち込めません
    【検出感度】 85MESF-FITC, 29MESF-PE
    【導入部】  1 ml micro tube(Bio Rad), 5, 15 ml tube (Falcon) ※要確認
    【分取部】  2 way: 5 or 15 ml, 4way: 1.5 or 5 ml tube
    【解析速度】 70,000 events/sec (8蛍光パラメーター・12対蛍光補正時)
    【分離速度】 30,000 events/sec
    【設置場所】 広島大学自然科学研究支援開発センター遺伝子実験部2F測定室
    【担当者】  山口 信雄(内線4630)nyam[at]hiroshima-u.ac.jp or cgswww[at]hiroshima-u.ac.jp

    利用御希望の方は担当者の山口(nyam[at]hiroshima-u.ac.jp)までご連絡下さい。
    サンプル調製案内からスケジュール調整までのご案内を致します。

< 相互利用 >
利用者講習を受けることで機器をご自身で操作でき、安価にご利用いただけるサービスです。
初めての方でも扱えるよう、新規利用者講習を随時行います。

利用料金
4,000円/時間(要新規利用者講習受講)

※初回は操作手順確認等のため立会測定(依頼測定と同料金)が必須です。初回以外でも適時相談可。
※装置利用に必要な前洗浄およびCSTセッティング、使用後の洗浄は担当者が行います。
 利用者はすぐにポジコンを使ったキャリブレーションから行えます。

1. 最初に相互利用に必要な登録をお願いいたします。
2. FACSAriaIII分析依頼書をご提出ください。
  • 遺伝子組み換えの有無やその申請、生物種などを確認します。
  • 封じ込めレベルやbuffer組成などにより解析できない場合があります。
  • ダウンロード →FACSAriaIII分析依頼書
             担当者(山口 nyam[at]hiroshima-u.ac.jp)にご提出ください。
3. 講習の確認
4. 大学連携研究設備ネットワーク(こちらからログイン)より相互利用の予約を行ってください。
  相互利用予約方法の流れ → FACSAriaIII相互利用予約方法
5.【大学連携設備NW】利用予約(予約ID:共xxxxxx)というメールが届きます。
  時間になりましたら、遺伝子実験施設2F測定室にお越しください。
  ご利用の際は担当者(山口・3F研究室3)に声をかけて下さい。


< 依頼測定 >
専属の担当者が装置を操作し、依頼者とデータをその場で確認しながら分析いたします。

利用料金
4,700円/時間(要同席)

1. 最初に依頼測定に必要な登録をお願いいたします。講習の受講は不要です。
2. FACSAriaIII分析依頼書をご提出ください。
  • 遺伝子組み換えの有無やその申請、生物種などを確認します。
  • 封じ込めレベルやbuffer組成などにより解析できない場合があります。
  • ダウンロード →FACSAriaIII分析依頼書
             担当者(山口 nyam[at]hiroshima-u.ac.jp)にご提出ください。
3. 大学連携研究設備ネットワーク(こちらからログイン)より依頼測定予約を行ってください。
  依頼予約方法 →FACSAriaIII依頼測定予約方法
4.【大学連携設備NW】依頼測定の承認(予約ID:依xxxxx)というメールが届きます。
  担当者のと調整の後、遺伝子実験部2F測定室までサンプルをお持ち込みください。
5. データはその場でPDF形式にてお渡しいたします。

その他注意事項
  • 感染性のあるサンプル、放射性物質は解析できません。強酸・強アルカリ、腐食剤を含むサンプルも解析できません。
  • 遺伝子組み換え生物を使用する場合、適切な申請・許可・取り扱いが必要です。わからない場合はご相談ください。
  • サンプルの条件、機器との相性によってはデータがでないこともあります。その場合でも料金は発生いたします。
  • お申込み・料金のお支払いには大学連携研究設備ネットワークシステムをご利用いただきます。
  • お支払いには、ネットワークに登録した運営費交付金、寄附金及び外部資金(科学研究費・受託研究費・共同研究費など)
    が使用できます。申し込み時に指定してください。
  • 科学研究費での支払いは、開始月から12月31日使用分までを対象とします。
    受託研究費・共同研究費・その他補助金については、研究終了月の前々月使用分までを対象とします。
    (例:研究終了月3月の場合、1月使用分まで)
  • その他、センター登録、サービス内容等に関するご質問は担当者にお問い合わせください。
top

BACKhistory BACK
  HOME > 受託解析サービス