講習関係
 
 
 1.新規利用講習
施設利用者は、新規利用講習(オンライン講習Bb9)を原則一回受講してください。
ただし、受託解析サービス(依頼測定)のみ利用する場合は受講の必要はありません。

<受講の手続き>
  • 申請者(または指導教員)は、以下の受講者リスト(様式)をダウンロードし、受講対象者の必要事項を記入し、事前に準備してください。
  • 対象者へは以下の受講手順に沿って受講するよう周知してください。
  • 対象者の受講を必ずご確認のうえ、上記リストに受講日を入力してください。
  • 全員の受講日を入力したリストは、以下の送信画面を開き、書類送信フォームに必要事項を入力後、添付ファイルを指定して送信してください。
  • リストを受信後、対象者の情報と受講データを照合いたします。
      注1)過去の受講履歴が不明な方は、受講をお願いいたします。
      注2)このリストは貴研究室の受講者履歴として保管してください。

 
【新規利用講習(Bb9)の受講手順】
1.以下のURLにアクセスし、受講を開始してください。
https://bb9.vle.hiroshima-u.ac.jp/webapps/blackboard/execute/enrollCourse?context=Course&command=SavedSearch&searchField=CourseName&searchOperator=Contains&searchText=新規利用講習&dateSearchOperator=LessThan&startDate=LessThan&course_id=_41386_1

2.次に
① 「アクセスが拒否されました」のページでログイン。
② 広大ID、パスワードを入力、ログイン。
③ 自己登録を送信。 内容確認しOKをクリック。
④ アクションが完了しました:自然科学~ が出るので、下のOKをクリック。
⑤ ホームページ画面右上のMyBlackbordでコースロール一覧を表示。
⑥ 「自然科学研究支援開発センター・遺伝子実験部・新規利用講習会」を選択。
⑦ 『教材』を選択。「利用者の手引き」を開く(別ベージで開くので、必要であれば印刷)。
⑧ 『教材』に戻り、「新規利用講習説明スライド」を視聴。
⑨ 視聴終了後、「新規利用講習の確認テスト」をクリックして開始。済んだら「保存して提出」をクリック。
⑩ 提出されたテスト画面でOKを押す。説明が出るので、間違っていた場合はよく読んで理解する。
⑪ 受講完了。ログアウトする。
⑫ 受講完了を申請者(または指導教員)へ報告する。

※利用者の手引きと確認テストは英語版があります。説明スライドの視聴(日本語のみ)は、恐れ入りますが指導教員の方々に留学生や外国人研究者へのサポートをお願いいたします。

<新規利用講習の問合せ先:事務室(内線6272)>

 2.機器利用講習
機器の利用講習については、機器担当者が随時個別に受付します。
以下のページをクリックして、詳細をご確認ください。
  • DNA塩基配列決定サービス
       ※ページから「セルフラン講習申込書」を提出。
  •    担当:彦坂(内線4630)
  • マイクロチップ電気泳動受託サービス
       ※ページから「MultiNA新規利用者講習申込書」を提出。
  •    担当:山口(内線4630,3059)
  • 質量分析(MALDI QIT TOF-MS)受託サービス
       ※ページから「MALDI QIT TOF新規利用者講習申込書」を提出。
  •    担当:山口(内線4630,3059)
  • セルソーター受託サービス
       ※ページから「FACSAriaIII新規利用者講習申込書」を提出。
  •    担当:山口(内線4630,3059)
  • 電子顕微鏡観察受託サービス
       ※こちらの講習については、担当者に要相談。
  •    担当:小池(内線4630,4582)

    <機器利用講習の問合せ先:
    ▲top