自然科学研究支援開発センター・遺伝子実験部門の利用登録・報告書等
 
1.利用登録  2.利用報告  3.組換えDNA実験記録簿  4.時間外利用届
自然科学研究支援開発センター・遺伝子実験部門(以下、当部門)の利用は以下の手続きが必要です。
 1.利用登録
  • 利用申請者は、下記の登録方法に従い、利用登録フォームに所定の事項を記入して当部門に送付してください。
  • 組換えDNA実験を含む場合は、「遺伝子組換え生物等使用実験計画書」のコピーおよび実験許可を証明する書類のコピーをFAXまたは学内便で別途送付してください。
  • 当部門からの使用許可書が学内便で送付された後に、当部門の使用ができます。
  • 新規利用者は、新規利用者講習を受けてください。ただし、依頼測定のみ利用する場合は、受講の必要はありません。
  • 当部門の利用に際しては、自然科学研究支援開発センター・遺伝子実験部門利用規則を遵守してください。
 登録方法
  1. 当部門ホームページより利用登録(本ページ)をクリック。
  2. 利用登録フォームをクリック。
  3. ウェブ画面より、利用申請者(支払い責任者)、所属、職を記入。
  4. 研究テーマ名、実験責任者、身分、連絡先を記入。
  5. 実験責任者および利用責任者の氏名、身分を記入し、組換えDNA管理区域の使用の有無にチェックを入れる。
  6. 使用予定機器にチェックを入れる。
  7. 組換えDNA実験の有無に関するラジオボタンを押す。
  8. 確認ボタンを押す。
  9. 確認画面で送信内容に間違いがないことを確認し、この画面をプリントアウトし利用者サイドで保管。
  10. 送信ボタンを押し、データを送信。
 利用登録フォーム
▲top
 2.利用報告
  • 当部門を利用された研究グループの利用申請者もしくは実験責任者は、利用終了時(通常は年度末)に利用報告を当部門にご提出ください。
 報告方法
  1. 当部門ホームページより利用報告 (本ページ)をクリック。
  2. 利用報告作成フォームをクリック。
  3. ウェブ画面より、報告者名、所属・職等を記入。
  4. 研究テーマ、実験責任者、利用期間を記入。
  5. 研究成果を1,000字程度で記入。
  6. 研究業績(論文等)があれば、記入(発表者氏名、タイトル、雑誌等の名称、巻・号、ページ、発表年の順で)。
  7. その他、特記事項(受賞、新聞報道など) があれば記入。
  8. 確認ボタンを押す。
  9. 確認画面で送信内容に間違いがないことを確認する。
  10. 送信ボタンを押し、データを送信。
なお、報告された内容は、当センター・遺伝子実験部門報告に記載させていただきます。
 利用報告作成フォーム
▲top
 3.組換えDNA実験記録簿
  • 当部門で組換えDNA実験を行った場合は、組換えDNA実験記録簿に記入の上、当部門にご提出ください。
 記入方法
  1. 当部門ホームページより組換えDNA実験記録簿(本ページ)をクリック。
  2. 組換えDNA実験記録簿作成フォームをクリック。
  3. ウェブ画面より、研究テーマ名、実験責任者氏名、所属等を記入。
  4. 実験の実施年月日を記入。
  5. 実験従事者を記入。
  6. 実験の実施内容を記入。
  7. 実験の結果を記入。
  8. 備考(実験後の組換え体の処理)を記入。例えば、オートクレーブで死滅、−80℃で保存、種子で保存、など。
  9. 確認ボタンを押す。
  10. 確認画面で送信内容に間違いがないことを確認する。
  11. 送信ボタンを押し、データを送信。
 組換えDNA実験記録簿作成フォーム
▲top
 4.時間外利用届
  • 当部門の通常の利用時間 (月〜土で8:30〜22:00) 以外に当部門を使用する場合は、事前に時間外利用届を当部門にご提出ください。
 記入方法
  1. 当部門ホームページより時間外利用届(本ページ)をクリック。
  2. 時間外利用届フォームをクリック。
  3. ウェブ画面より、実験責任者、所属等を記入。
  4. 実験従事者、身分および時間外利用日時を記入。
  5. 確認ボタンを押す。
  6. 確認画面で送信内容に間違いがないことを確認する。
  7. 送信ボタンを押し、データを送信。
 時間外利用届フォーム
▲top